妊婦は食べてはいけない?生肉、生ハムの危険性


妊娠中に食べてはいけないと言われているものにはいくつかのものがありますよね。胎児に悪影響を与えてしまう可能性があるものとして、中でも「生肉」や「生ハム」などには注意が必要となります。
どうして生肉や生ハムを妊娠中に食べることを避けるべきなのか、どのような危険性があるのかについてチェックしていきたいと思います。

生肉・生ハムに潜む恐ろしい菌

妊娠中に生肉や生ハムを食べてはいけないと言われている理由は、生肉や生ハム、ユッケ、馬刺しなどをはじめとする生肉には、トキソプラズマやリステリアといったような菌類がいるため、それに感染してしまう可能性を危惧してのことです。では、このトキソプラズマ・リステリアとは具体的にどのような菌なのでしょうか。

トキソプラズマとは

トキソプラズマは、動物の生肉(牛・馬・豚・鶏)や猫の糞などに存在している寄生虫を指します。この寄生虫の怖いところは、”一度感染すると、一生体内に寄生し続ける”ということです。
感染してしまうルートには以下のようなものがあります。

  • 家畜(牛・豚・鶏・馬)などの生肉を食べる
  • 猫の糞を触った手を洗わずに食べ物を触る

など、このようなルートから感染することが多く、主に生肉を食べることで感染します。

とはいえ、健康な大人がトキソプラズマに感染したとしても、実は特に問題がでることはないと言われています。「なら安心でしょ?」と思う方もおられると思いますが、妊娠中に感染してしまうことが大きな問題なのです。実は、妊娠中に感染してしまうことで、胎盤を通じて胎児までもが感染してしまう可能性があります。流産や死産などの原因となる可能性があり、無事に出産することができたとしても、脳内石灰化・水頭症などの病気をもって産まれてくることがあります。
ちなみに、妊娠前にトキソプラズマに感染していたという場合には、胎児に感染することはありません。”妊娠中に”感染したかどうかという点が問題です。

リステリア

リステリアは、家畜の腸管内、河川水などに存在する食中毒菌を指します。こちらも妊娠中に感染してしまうと胎児にも悪影響となり、流産や死産などに繋がる可能性があるため危険です。
このような菌類に感染してしまうことで胎児に危険が及ぶため、妊娠中には生肉や生ハムを食べないようにと、厚生労働省も注意を促しています。

日本のメーカーのハムは大丈夫?

ここまでの話の中で、「外国のものなら心配だけれど、日本のものなら大丈夫なんじゃないの?」と思われた方も多いのではないでしょうか。確かに、日本のメーカーから販売されている生ハムについてはしっかりと管理が行われていますし、菌類のチェックなども厳しい基準で行われていることがほとんどです。ですが、絶対に日本のメーカーのものなら感染しないという保証はありません。そのため、後悔しないためにも妊娠中には食べないようにすることをおすすめします。

妊娠中に生ハム・生肉を食べちゃった場合は?

もし妊娠中に生肉や生ハムを食べてしまったという場合には、以下のような症状がないか確認してみてください。

  • 発熱
  • 悪寒
  • 頭痛

急に身体にこのような症状がみられるようになった時は、医師に相談してみてください。生肉を食べてから大体2週間から3週間程度で、トキソプラズマの感染検査を受けることができます。特に症状がない場合でも、大丈夫だろうと楽観的に捉えずに、一度は検査を受けてみることをおすすめします。
初期の感染であれば、薬を服用することで治療を行うことができる場合もありますが、妊娠中ということもあり抵抗があるかと思います。

おわりに

妊娠中に危険な食べ物はたくさんあり、あれもこれもダメって言われると困る!という方もおられると思います。どうしても食べたいという場合には、必ず火を通して、トキソプラズマやリステリアを死滅させてから食べるようにしましょう。

参考サイト

リステリアによる食中毒 |厚生労働省